2009年08月09日

麻薬リハビリプログラムの収監者が社会奉仕活動中に大脱走

 INN等の報道によると、9日昼頃矯正プログラムの一環としてバンコクのラーマ4世通り沿いのソーイ・イェン・アカート付近で社会奉仕活動に従事していた40人以上の麻薬リハビリプログラムの収監者が散り散りにタクシーや住宅密集地内の複数の小道を利用して脱走した。

 初期報道段階では11人の脱走収監者の身柄が確保されている模様で、また、報道によっては脱走したのは中央クローンプレーム刑務所の収監者であると報じるものもある。

 当時収監者は社会奉仕活動の一環として下水道の清掃作業に従事していた。

posted by Jean T. at 15:14| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする