2009年08月16日

首相、赤・青に対して節度ある行動をと訴える

 アピシット首相は16日朝放送された定例政見放送の中で、17日にタクシン元首相の恩赦請願書の提出を計画している反独裁民主主義同盟・赤服軍団及びゴム苗汚職疑惑で最高裁判所政治家刑事案件部から判決が下されるネーウィン・チットチョープ氏を激励する為に集合が予想されている青服軍団に対して、法に則った節度ある行動を心がけて欲しいと訴えた。

 発言の中でアピシット首相は、政府は憲法で認められた権利の行使を尊重し便宜を図る用意はあるが、国家の威信を傷つけ、経済に対する信頼に影響を与え国民が抱えている問題の解決に障害を来すような法を逸脱した過激な行動に対しては厳格な態度で臨む考えである事を確認した。

posted by Jean T. at 17:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする