2009年08月17日

ナコン・シー・タンマラートで女性用務員の下半身裸の刺殺体

 タイラット紙(オンライン)によると16日朝、ナコン・シー・タンマラート県チュワーン郡内にある民家内で、学校用務員の女性(36)が下半身裸の状態で腹部等2箇所を刺され死亡しているのが発見された。

 死後8-9時間と見られている。

 警察側は、女性の上着が喉もと近くにまでまくり上げられていた事や女性の新しい学校用務員の夫が学校の見回りの為に外出していた時間に女性が殺害されたと見られることから、性的暴行目的で侵入した顔見知りの男による犯行、ないしは予てから美人で知られていた女性に横恋慕していた顔見知りの男が嫉妬心から殺害したと見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 00:15| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする