2009年08月17日

プゥア・タイ党、空港の改善の前に空港占拠問題の解決が先決

 プゥア・タイ党のプロームパン報道官は16日、アピシット首相はスワンナプーム国際空港の改善に取り組むスタンドプレイを展開する前に、まずその空港を占拠した民主主義市民連合に対して厳格に法を執行するべきであると指摘した。

 発言の中でプロームパン氏は、空港の問題の殆どが警察側で解決できる一般的な問題であると指摘した上で、むしろ安全というイメージを損なわせる元凶となった空港占拠問題の解決に前向きに取り組むことが先決であると指摘した。

posted by Jean T. at 00:17| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする