2009年08月17日

ネーウィン氏、国外逃亡説を否定 - 17日14:00に裁判所に出廷

 16日午後、プームヂャイ・タイ党ノンタブリー連絡事務所の開所式に姿を現したネーウィン・チットチョープ氏は、国外に逃亡したとの一部報道の指摘を否定した上で、裁判所の指示通り17日14:00にゴム苗汚職疑惑の判決公判に出廷する事を確認した。

 ネーウィン氏によると、他の被告44人と同様に国外に出国する為には事前に裁判所からの許可をとらなければならず、そう易々と国外に出ることができるような立場には無いのだという。

 また、事実上最終判決となる17日の公判で実刑が下された場合に恩赦を請願する可能性に関しては、全く考えたことがない。自分は正直に職務に邁進してきた。全ては裁判所の判断に委ねられていると語った。

posted by Jean T. at 00:21| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする