2009年08月19日

プームヂャイ党、同盟・連合を対象にした恩赦法案を下院議長宛に提出


 プームヂャイ・タイ党は19日午前、集会活動に絡んで逮捕状が執行された反独裁民主主義同盟及び民主主義市民連合関係者に対する恩赦を意図した恩赦法案を22人の党所属下院議員の署名を添てチャイ下院議長宛に提出した。

 チャイ下院議長によると、来週中にも法案を国会の審議に付すことができる見通しだという。

 一方、与党国会対策委員会のチンナウォン委員長は19日、プームヂャイ・タイ党が下院議員の権利を行使して恩赦法案を提出する事に反対する考えは無く、またこの動きが民主党とプームヂャイ・タイ党との対立を表沙汰にするような物でもないとの考えを示したが、与党国会対策委員長として法案を支持できるかに関しては、法案の詳細や恩赦の手続き等について確認した上でなければ答えられないと語り明言を避けた。

参考
プームヂャイ党、同盟・連合を対象にした恩赦法の制定を目指す方針を決定

posted by Jean T. at 15:26| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする