2009年08月21日

首相の面目丸つぶれ、4:5で警察本部長指名が先延ばし - 内相はヂュムポン支持

 マティチョン紙(オンライン)によると、20日夕方招集された次期国家警察本部長を指名する為の国家警察人事検討委員会は、アピシット首相が推すパティープ・タンプラスゥト警察大将とパチャラワート国家警察本部長等が推すヂュムポン・マンマーイ警察大将の2人に候補者が絞られて投票が行われたが、最終的に4対5で両候補とも総委員11人の過半数の支持を得られていなかった事が明らかになった。

 パティープ警察大将にはピーラパン法務大臣、ギッティポン法務省次官、国家安全保障会議事務局長代行のタウィン・プリヤンシリー氏及び予算関連専門家のピヤパン・ニムマーナヘミン氏の4人が支持に回り、ヂュムポン警察大将にはチャワラット内務大臣、ウィチャイ内務省次官、法律関連専門家のラワット・チャムチャルゥム氏、計画立案・執行管理関連専門家のステープ・タンマラック大将及びパチャラワート国家警察本部長の4人が支持に回った。

 尚、組織開発関連専門家のノパドン・インナー氏及びアピシット首相は投票を棄権した。

posted by Jean T. at 16:49| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする