2009年08月21日

赤服、30日に首相官邸前に向けデモ行進

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は21日、アピシット首相に対して議会の解散を要求する為に30日13:00からラーマ5世像前から首相官邸前に向けデモ行進を行う事を明らかにした。

 仮にアピシット首相が要求を拒否し議会の解散に応じなかった場合は同首相の罷免を要求する署名活動を開始する方針だという。

 一方、プゥア・タイ党下院議員団長のチャルゥム・ユーバムルン警察大尉は21日、国家警察本部の職務に介入したアピシット首相の罷免動議の議会提出に向けた党内協議を25日に行う方針である事を明らかにした。

 チャルゥム警察大尉によると、序列を無視したウィチヤン・ポットポーシリー警察大将の国家警察本部長代行指名が警察の規則に反しているだけでなく、喩え南部に訪問中であろうともパチャラワート国家警察本部長が国内にいるにも関わらず本部長代行を指名した行為は極めて異例且つ不適切な行為であるという。

posted by Jean T. at 17:39| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする