2009年08月23日

警察本部長指名は政治力誇示の為の政治ゲーム、スワン・ドゥシット調査で

 ラーチャパット大学スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールがバンコク在住の1,016人及び13県内在住の1,277人の計2,293人の回答者を対象に20日から22日にかけて行った調査で、44.71%の回答者が権力及び利権を象徴する職位である次期国家警察本部長の指名争いは政治力を誇示する為の政治ゲームであると回答し、52.64%の回答者が次期国家警察本部長の指名が先延ばしになった事によりアピシット首相の交渉力が失墜したと回答していた事が明らかになった。

 また、44.53%の回答者が民主党はアピシット首相とステープ副首相との対立を初めとした党内対立問題を解決し混乱を引き起こさないよう努めるべきであると回答し、26.08%の回答者が連立与党間の理解の共有を急ぐべき、20.76%の回答者が民主党は連立与党に対する警戒を怠るべきではないと回答した。

posted by Jean T. at 16:50| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする