2009年08月26日

ナラーティワート中心部で自動車爆弾、40人以上が負傷

 25日12:30過ぎ、ナラーティワート県中心部にある食堂前に駐車してあった小型トラックから爆発が発生し、重傷者7人を含む40人以上が負傷を負った。

 現場は県庁舎から約100メートル離れた場所で、爆発発生数分前に小型トラックを駐車させた上で、併走してきたバイクに飛び乗り現場から離れていった若い男の姿が目撃されている。

 また、爆発物が仕掛けられていたトラックは盗難車で、パッターニー県内で発生した土地局職員に向けた銃乱射事件の際に使用されていた物と同じ車だった事が確認されている。

 同県ランゲ郡内では25日朝、ゴム農園内で作業中だった30歳のイスラム教徒の男性が、付近に潜んでいた何者かに銃撃され重傷を負った。男性は治安当局の情報要員だった。

 同県バーヂョ郡内では25日夕方過ぎ、学校が放火され全焼し、スンガイ・パーディー郡内では25日朝、教師警護班の車列を狙って仕掛けたと見られる爆発物が発見され回収処理が行われた。

 同県タークバイ郡内では23日4:00過ぎ、小型トラック2台に分乗した人数不明の一味が当局が設置した検問所に向け銃を乱射すると共に爆発物を投げ込み、当局側と10分間に渡り銃撃戦を展開した後に逃走し、軍関係者2人が死亡し、3人が重傷を負った。

 一方、ヤッラー県ターントー郡内では25日朝、礼拝を終え徒歩で帰宅途上にあった48歳のイスラム教徒の男性が何者かに銃撃され死亡した。

 同県グロンピナン郡内では23日朝、バイクの2人乗りで路上を走行中だった44歳と38歳のイスラム教徒の夫婦が、自宅付近に潜んでいた何者かに銃撃され2人とも重傷を負った。

 パッターニー県サーイブリー郡内では23日朝、レンジャー部隊員風の衣装を着込んだ6人組が、モスク近くの路上でたむろしていた若者グループに向け銃を乱射し、3人が負傷を負った。

posted by Jean T. at 00:00| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする