2009年08月29日

同盟、集会を延期 - 情勢扇動を意図したゲームを仕掛けていると政府を非難

 反独裁民主主義同盟は29日昼前、30日にバンコクのラーマ5世像前で予定されていた集会及び首相官邸に向けたデモ行進を9月5日に延期した事を明らかにした。

 同盟は、政府側が国内治安法適用により仕掛けてきた情勢扇動を意図したゲームに嵌められないようにする為に延期を決断したとした上で、今後も政府側が同盟の集会開催予定日にあわせて国内治安法の適用で臨む限り向こう4週間に渡って9月5日に予定されていた集会を9月12日に、9月12日に予定されていた集会を9月19日に延期させるという方法で対抗していく考えであるとした。

 尚、同日昼過ぎ現在、軍側は同盟の集会・デモの延期の有無に関係なく引き上げ命令があるまで国内治安法に則った任務を継続させて行く方針である事を確認している。

 一方、同日昼過ぎ現在、延期決定を受けランパーン県の赤服軍団がバンコク行きの中止を決定した一方で、ウドンターニー県及びナコンラーチャシーマー県の赤服軍団が予定通り30日にバンコクで合流する方針を確認し、また、チェンラーイ県、パヤオ県及びピッサヌローク県の赤服軍団も同様に30日にバンコクに合流する方針を確認しているという。

posted by Jean T. at 15:33| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。