2009年08月30日

パッタヤーで物乞い外国人25人を摘発

 ネーション系のタイ語速報によると、観光警察当局は28日夜半チョンブリー県のパッタヤー地区に属するバンラムン郡内で物乞い行為の一斉摘発を行い、路上等で物乞いを行っていた主にカンボジア人の母子25人を逮捕した。

 物乞いで逮捕された母親の年齢は30歳から40歳で子供の年齢は3歳から5歳だった。

 逮捕された物乞いは取り調べに対してタイ人の男5人からパッタヤー地区内で物乞いをするように強要され、時には通行人の同情を惹くために子供一人だけで路上で物乞いをさせられる事もあった。一日3-4時間以上座って400バーツから500バーツを稼いでいたが、僅か100バーツを残して残りは全て男達に持って行かれていたと供述しているという。

 警察側は、逮捕した物乞いの証言から物乞い行為を強要されているカンボジア人の宿所を突き止め強制捜索を行い、更に16人のカンボジア人の身柄を確保している。

posted by Jean T. at 00:20| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。