2009年09月14日

レンジャー部隊員を狙った銃撃で5人が死亡、ヤッラーで

 13日19:30前、ヤッラー県県都内のモスク付近で10人以上と見られる一味とレンジャー部隊員との間で数分間に渡る銃撃戦が発生し、レンジャー部隊員5人が死亡し、部隊員が所持していたライフル2挺が強奪された。

 死亡した5人は何れもボランティア部隊員で、モスクでの礼拝を終え駐留地に帰隊する途上で、付近に潜んでいた10人以上と見られる一味に銃撃されたのをきっかけに銃撃戦となった。死亡した5人の隊員の内3人は仏教徒で、イスラム教徒の2人の隊員がモスクで礼拝していた際には、モスク周辺の警戒作業に当たっていたという。

 尚、初期報道段階ではレンジャー部隊の駐留地に向けた銃乱射で5人が死亡したと報じるものもあった。

 また、同県ターントー郡内では13日朝、ゴム園内で作業中だった38歳の男性が何者かに銃撃され重傷を負った。

 更に、同県べートン郡内では12日未明、全身に火を放たれた19歳のイスラム教徒の男性の遺体がゴム園内で発見された。別の場所で殺害された上でゴム園内で火を放たれたと見られている。

 一方、ナラーティワート県インゴー郡内では12日16:30過ぎ、小型トラックに乗った約6人と見られる一味が、路上脇の休憩用サーラー内で談笑中だった住民5人に向け銃を乱射し、何れもイスラム教徒の住民1人が死亡し、3人が負傷を負った。

 また、パッターニー県ヤッラン郡内では13日朝、バイクで路上を走行中だったイスラム教徒の男性が何者かに銃撃され重傷を負った。男性は当局の情報要員で、情報収集作業の為にバイクで移動中だったと見られている。

 同県ヤッリン郡内では12日夜半、バイクの2人乗りで路上を走行中だった何れもイスラム教徒の30歳と28歳の副村長が、何者かに銃撃され1人が死亡し1人が負傷を負った。

posted by Jean T. at 10:47| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする