2009年09月27日

逃走する麻薬密売犯に向け発砲した銃弾が飲食中の女性に命中、パッタヤーで

 各報道によると、27日0:00過ぎチョンブリー県のパッタヤー地区に属するバーンラムン郡内で、逃走中の麻薬密売犯をバイクで負っていた警察官が発砲した銃弾が標的を外し路上脇の飲食店で飲食中だった23歳のタイ人女性に命中し負傷を負わせるという事件が発生した。

 銃弾を発砲した警察官は、銃弾が命中した女性を無視してそのまま逃走犯追跡の為に現場を離れていた。また事件発生直後の段階では警察側からは事件の確認や報告は一切無く、被害にあった女性の証言や目撃者の証言で初めて事件が明るみになるという状況だった。

 現場付近にいた住民の証言によると、囮捜査中だった警察官2人がバイクで逃走した麻薬密売犯の若い男をバイクで追っていた際に発砲した銃弾5発の内の1発が女性に命中した。

 警察側は、被害にあった女性に対して再度事情聴取を行うと共に麻薬捜査班から事実関係を確認した上で今後の対応を決めていきたいとした。

posted by Jean T. at 15:49| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。