2009年09月29日

都バスが民間バスへの路線拡大、NGVバス導入計画に抗議 - 最悪の場合は一斉ストも辞さず

 29日朝、1,000人を超えるバンコク大量輸送公社の労働組合関係者が首相官邸前に集合し、民間委託運行業者への委託運行路線拡大及び4,000台のNGVバスの導入計画に反対する抗議活動を開始した。

 尚、同日10:00過ぎ現在、報道により民間委託業者への委託運行路線拡大のみに反対しているとするものとNGVバスの導入計画にのみ反対していると報じているものも見られる。

 政府は、29日の閣議の席上で国家経済社会開発委員会からの提案に基づきサマック政権以来ネーウィン派の懸案となっていた4,000台のNGVバスの導入計画に関する是非の検討が行われる見通しになっており、また、その際に民間委託運行業者に対する150路線の開放の是非に関する検討も同時に行われるとの憶測が広がっていた。

 労働組合側は、仮に29日昼までに政府側から明確な回答が無かった場合は一斉ストライキに入り全ての公社直営バスの運行を停止させるとしている。

posted by Jean T. at 12:33| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。