2009年09月29日

首相、透明なNGVバスの調達計画推進を保障

 アピシット首相は29日、透明な手続きに則ってNGVバス4,000台のレンタル調達計画を前進させるよう運輸省に指示した事を明らかにした。

 この発言は、先に同日開かれた閣議の席上で、国家経済社会開発委員会の提案に基づいてサマック政権以来ネーウィン一派の懸案となっていた660億バーツを投下したNGVバス4,000台の10年間期限のレンタル調達計画の推進が決定された事を受けたもので、発注後15ヶ月以内に第一ロットのバスが輸入され、向こう2年間以内に4,000台全てのバスの輸入が終了する見通しになっている。

 この計画は、サマック政権時代に、当時単独野党だった民主党が特定集団への利益供与を狙った不透明な計画であるとして強硬に反対していた事でも知られている。

posted by Jean T. at 18:54| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。