2009年09月30日

憲法裁判所前で爆発物状の物が回収

 30日昼過ぎ、憲法裁判所前でPVC管を使用した爆発物状の物が発見され回収処理が行われた。

 同日14:30過ぎ現在、回収されたPVC管の内容物については確認されていない。

 また、高圧水を使用した回収処理作業中に発生した大音響に驚いた周囲にいた通行人が逃げ惑う場面も見られた。

 憲法裁判所の法廷関連の部門は既に他の場所に移転しており、不審物が発見された当時はビル内には約10人の研修所職員がいるだけだった。

 同裁判所では、反独裁民主主義同盟のソンクラーン期間中の大規模行動直前の4月13日未明にM79が撃ち込まれ警備員が負傷を負うという事件が発生していた。

posted by Jean T. at 17:09| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。