2009年09月30日

国王、チェンマイの赤服リーダーの労裁陪席判事の職を解く指示書に署名

 国王は30日、チェンマイ県内最大の赤服軍団ラック・チェンマイ51を率いている、ワローロット・グランド・パレス・ホテルを経営するペーチャラワット・ワタナポンシリグン氏を第5地区労働裁判所陪席判事の職から解く指示書に署名した。

 これは、労働裁判所の陪席判事として法令に違反する不適切行為があったとして司法裁判所判事委員会がペーチャラワット氏の解職を決定した事を受けたもので、かねてから赤服軍団のリーダーとしてチェンマイ県やランパーン県内で過激な活動を展開し逮捕状が発行されていたペーチャラワット氏の解職を要求する書状が同委員会に寄せられていたという。

posted by Jean T. at 17:23| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。