2009年10月28日

フンセン首相、今度はアピシット首相を激賛?

 マティチョン紙が民主党の消息筋からの情報として伝えたところによると、カンボジアのフンセン首相とステープ副首相との間で行われた約2時間に渡る会談の際に、フンセン首相側がアピシット首相は首相として最適任であると称賛すると共に年少であるとの指摘をアピシット首相は気にする事は無い。何故なら自分はアピシット首相よりも年少で首相になったのだからと語っていたという。

 また、消息筋によると、フンセン首相は会談の席上で二度とタクシン元首相関係の話をする考えが無い事を明らかにしていたという。

posted by Jean T. at 11:58| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。