2009年10月28日

カンボジアに次いで更に2カ国がタクシン元首相に顧問就任を要請?

 プゥア・タイ党所属下院議員のプラチャー・プラソップディー氏は28日、カンボジアに次いで更に2ヶ国がタクシン元首相に顧問就任を要請する準備を進めている事を明らかにした。

 タクシン元首相関連の虚偽の情報を度々流布してきた事でも知られるプラチャー氏は発言の中で、チャワリット元首相がマレーシアを訪問した後にタクシン元首相がカンボジアとマレーシアを訪問する見通しになっている事を明らかにした上で、カンボジア以外に2ヶ国が同元首相に対して顧問就任を要請する準備を進めている事を明らかにした。

 尚、タクシン元首相とチャワリット元首相が訪問先で合流する予定は無いという。

 また、国家法政委員会の勧告を受け政府側がタクシン元首相の警察の階級及び王室からの叙勲の剥奪に動いているとされている事に関しては、単に国民の不満を煽り11月の赤服の集会の大規模化を誘発するだけのメリットが無いものであるという事をわきまえた上で判断するべきであると指摘した。

 一方、タクシン元首相の元法律顧問のノパドン・パッタマ氏は28日、チャワリット元首相のマレーシア訪問は同国の首相からの招待状に基づくものである事を明らかにし、自らが訪問をアレンジしたとの指摘やタクシン元首相が訪問に関与しているとの指摘を否定した。

posted by Jean T. at 13:37| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。