2009年10月30日

タクシン元首相、2日にカンボジアに行くとの報道を強く否定

 タクシン元首相は30日、Twitter上でローイクラトーンの日である11月2日にカンボジア入りするとの報道を強く否定した。

 これは、読者のコメントに対する返信の中で明らかにされたもので、タクシン元首相は自分に関するデマが氾濫している事に対して強い不快感を示した。

 これに先立つ29日夜、タクシン元首相関係の虚偽情報を度々流布してきた事で知られるプゥア・タイ党のプラチャー・プラソップディー氏が、同元首相がカンボジアのフンセン首相に擁護発言に対する謝意を伝えると共に同首相と共にローイクラトーン関係の催しに出席する為に11月2日にプライベート機でカンボジアに入る予定になっている事を明らかにした上で、プゥア・タイ党所属の4-5人の議員も同地で合流する予定になっている事を明らかにしていた。

posted by Jean T. at 12:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。