2009年11月04日

パッターニーで国旗に包まれた爆発物、レンジャー1人が重傷

 3日朝、パッターニー県マイゲーン郡内で、路上脇に仕掛けられていた爆発物が警戒作業中のレンジャー部隊関係者の通過にあわせて爆発し、レンジャー部隊員1人が重傷を負った。

 犯行に使用された爆発物は、タイの国旗で包まれており、近くの路上には当局をあざ笑うかのようにスプレーで「アヒルと魚だけでなく銃弾も配給しろ」と記されたメッセージが残されていた。

 3日には、パッターニー特別自治区構想を提唱するプゥア・タイ党議長のチャワリット元首相が構想説明の為にパッターニー県入りする予定になっていた。

 一方、ヤッラー県ターントー郡内では3日夕方、バイクの2人乗りで路上を走行中だった38歳と19歳の仏教徒の女性が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。

 39歳の女性は、村自警組織に所属していた。

posted by Jean T. at 01:20| バンコク ☔| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする