2009年11月06日

サラッブリーの市教育事務所長室内で爆発、所長が死亡

 各報道によると、6日朝、サラッブリー県県都内中心部にある市庁舎内にある市教育事務所長室から爆発が発生し、所長(55)が死亡した。

 尚、報道により所長が即死したとする報道と搬送先の病院で死亡したとするものがある。

 死亡した所長が執務用の机脇のゴミ箱内にあった袋に詰められた不審物を爆発物とは知らずに机脇に置いたところで爆発が発生したと見られ、また、清掃職員によると前日夕方の時点で既に不審物があるのを目撃していたという。

 警察側は、女性関係を含む所長が絡む個人的な係争ないしは職務が絡む係争が事件の背景にあると見て捜査を開始した。

posted by Jean T. at 15:45| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする