2009年11月07日

第二方面軍、フンセン首相派遣の使節と面会

 第二地区国軍本部のウィーラワット本部長は7日、前日にカンボジアのフンセン首相が派遣した同国の副国軍司令官を初めとする10人の使節団と面会した際に、使節団側から軍及び地域住民との関係維持及び国境交易に影響を与える国境検問所の継続開放措置を希望しているフンセン首相からのメッセージが伝えられ、それに対して両国関係に影響を与える恐れがあるメディアを利用した過激な言動を慎むよう要請していた事を明らかにした。

 また、タイ側が国境検問所を閉鎖するとの憶測が広がっている事に関しては、両国の国民に影響を与えない外交的な報復手段に限定されるとするアピシット首相の方針に則り対応する考えであると語った。

posted by Jean T. at 13:30| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする