2009年11月11日

対カンボジア断交によりカンボジア側に300-400億の観光損失

 タイ旅行代理店協会のアピチャート代表は10日、外交レベルの引き下げに迄発展したタイとカンボジアとの対立によりカンボジア側の観光関連に約300億から400億バーツの損失がもたらされるとの見通しを示した。

 ヂャルゥン代表によると、両国間の対立によりもたらされたマイナスイメージによりヨーロッパを中心とした観光客がカンボジアの代表的な遺跡であるアンコール・ワットへの訪問を控え、タイの東北地方に点在する同時代の遺跡への訪問に切り替える動きが見られる事から、この対立によりタイ以上にカンボジア側に大きな打撃がもたらされる事が予想されるという。

 一方、タイ観光サービス業協会のヂャルゥン代表は、カンボジア訪問を予定しているタイ人観光客の95%が予定をキャンセルないしは延期し、内20%が目的地をラオスに、10%がミャンマーに切り替えている事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする