2009年11月11日

カンボジア外務省、タクシン元首相の身柄引渡を公式に拒否

 カンボジアの外務省は11日、タイとカンボジアとの間で締結されている国際犯罪人引渡条約に基づくタクシン元首相のタイへの身柄引渡要求を拒否する意向を文書でタイ外務省に伝えた。

 カンボジア外務省側は、タクシン元首相が刑事犯では無く条約が適用されない政治犯である事を身柄引渡要求拒否の理由に掲げている。

 これを受けタイの外務省側は、あらためてタクシン元首相が政治犯ではなく刑事犯である事を説明すると共にカンボジアの外務省に対して再考を促す書状を提出した。

 これに先立ちステープ副首相は、外交的手続きに則りタクシン元首相の身柄引渡を要求していく方針である事を確認した上で、特別な手段を講じたり国境線封鎖という感情的な手段で報復措置を講じる方針が無い事を確認していた。

posted by Jean T. at 15:23| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする