2009年11月11日

ステープ副首相、状況次第では15日の黄服集会に対して治安法を適用

 ステープ副首相は11日、15日にバンコクのサナームルワンで開催が計画されている民主主義市民連合の集会を緊密に監視し、情勢次第では国内治安法の適用に踏み切ることもあり得る事を明らかにした。

 この発言に先立ち同日朝ステープ副首相との協議を終えたパティープ国家警察本部長代行が、現状では騒乱状態等を引き起こす事を意図した動きが確認されていないとして、15日に開催される連合の集会にあわせて国内治安法を適用する方針が無い事を明らかにしていた。

posted by Jean T. at 15:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする