2009年11月12日

タクシン元首相、動乱の4月にもカンボジアに滞在? - 国外メディアが報じる

 Asia Times Onlineは12日、赤服軍団による大規模活動が展開されていた今年4月にタクシン元首相がカンボジアに滞在していた疑惑があると指摘した。

 タクシン元首相が"公式"にカンボジアを訪問するまで、同元首相や取り巻きは2008年8月に同元首相が国外に脱出して以来一度もカンボジアに足を踏み入れた事は無いと一環して主張していたが、シエム・リアップにあるアンコール・ゴルフ・クラブの壁に掲げられている肖像写真に記された日付は、タクシン元首相がドバイからではなくカンボジアから反独裁民主主義同盟の10万のデモ隊による政府転覆の為の大衆革命を鼓舞していた疑いを持たせるに十分なものだという。

 バンコクに拠点を置く外交筋もタクシン元首相が国外脱出後にカンボジアを訪問したことがあるのは「公然の秘密」であると指摘しているという。

posted by Jean T. at 18:25| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする