2009年11月13日

虚偽情報流布のタイ党議員、今度は元官僚Sが150Mで元首相の暗殺を依頼

 プゥア・タイ党所属下院議員のプラチャー・プラソップディー氏は12日、元高級官僚のS(ソー・スゥア)がタクシン元首相の暗殺を総額1億5千万バーツで依頼したとの情報を得ている事を明らかにした上で、背景にタクシン元首相帰国による報復に対する恐れがあると指摘した。

 タクシン元首相関連の虚偽の情報を度々流布してきた事でも知られるプラチャー氏によると、バナナの葉と同じ色の制服を着込む当局関係の最高位に就いた事がある高級官僚だったSにより雇われた暗殺チームは1人あたり3,000万バーツで暗殺を請け負った5人の男で構成されており、証拠となる画像や書類も既に押さえてあるという。

 また、プラチャー氏によると、押さえてある証拠は"真性"のもので、別途党議長のチャワリット元首相に報告する予定だという。

* S = スラユット?

posted by Jean T. at 00:10| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする