2009年11月17日

ステープ副相、解党トラップ疑惑を全否定 - パンロップ大将の告訴へ

 ステープ副首相は17日、タイ・ラック・タイ党を解党に追い込むために小政党関係者を買収して当時同党副党首兼防衛大臣だったタンマラック・イサラーングーン・ナ・アユッタヤー大将に対してトラップを仕掛けたとするプゥア・タイ党党員のパンロップ・ピンマーニー大将の指摘を否定した上で、同大将を名誉毀損で告発する準備を進めている事を明らかにした。

 発言の中でステープ副首相は、パンロップ大将の動きの背景にタクシン元首相が善人であるとの印象を植え付けたいとの思惑があると指摘した上で、同大将が民主党を解党に追い込むために提出する予定になっている証拠により自らの首を絞めることになるだろうと指摘した。

posted by Jean T. at 13:30| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする