2009年11月18日

パッターニーで銃撃戦、分離主義組織関係者6人が射殺

 17日夕方、パッターニー県コークポー郡内で民家内に立てこもった分離主義組織関係者と思われる集団と当局側との間で約30分間に渡る銃撃戦が展開され、立てこもっていた組織関係者6人(報道により5人)が死亡し、軍関係者2人が負傷を負った。

 調べによると、不審な集団が村内に侵入したとの通報を受け軍と警察で構成された約100人の混成チームが一帯を封鎖すると共に集団の捕捉に動いた際に不審な4人組が当局側に向け銃を発砲すると共に村長の母親宅に逃げ込み約2時間に渡り籠城したが、最終的に埒があかないと判断した当局側が強行突破による逮捕に踏み切った際に約30分間の銃撃戦が展開され、その後屋内で6体の遺体が確認された。

posted by Jean T. at 01:31| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする