2009年11月20日

タイ人作業員が同僚のカンボジア人男性を殺害、背景に両国関係を巡る口論

 デイリーニュース紙(オンライン)によると、20日0:00頃チョンブリー県シーラーチャー郡内にあるゴム農園の作業員宿舎内で40歳のカンボジア人作業員男性が刺殺されるという事件が発生した。

 調べによると、現在所在不明になっている同じ宿舎に住むマハーサラーカム県出身の44歳の男と男性が酒を飲み交わしていた際に発生した男性の母国であるカンボジア当局がタイ人技師をスパイ容疑で逮捕したり、同国政府がタクシン元首相を経済政策顧問に据えた事を巡った激しい口論にキレた男が男性を刺殺し逃走した。

 遺体を発見し警察に通報した、同じ宿舎に住む男の実兄(47)によると、男は暫く実家に帰るという言葉を残して現場から立ち去っていったという。

posted by Jean T. at 13:20| バンコク ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする