2009年11月23日

ウドンの赤服強硬派、28日の集会開催に異議

 ウドンターニー県内最大の赤服軍団を率いているクワンチャイ・プライパナー氏は22日、反独裁民主主義同盟が大規模集会を28日から来月2日の日程で開催を計画している事に対して異議を唱えた。

 クワンチャイ氏は、国王誕生日前の28日から来月2日にかけて大規模集会を開催する事は不適切であるだけでなく、国王に対する敬意を赤服軍団が持っていないとの目を社会から向けられる事に繋がり得ると指摘した上で、国王誕生日の12月5日以降に大規模集会を開催するべきであると指摘した。

 クワンチャイ氏によると、23日から25日にかけて三県内で開かれる赤服軍団の会議及び14日に開催された資金調達コンサートでの収益金の総額次第では東北部19県内から約4万人の赤服軍団を集会に送り込む用意が出来ているが、現在はドバイで行われているタクシン元首相と同盟幹部のウィーラ・ムシッカポン氏との協議結果待ちの段階だという。

posted by Jean T. at 00:36| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする