2009年11月24日

カンボジア当局に逮捕されたタイ人技師、飛行スケジュールの引渡を認める

 カンボジアの主要紙プノンペン・ポスト紙は23日、タクシン元首相の飛行スケジュールを盗み出したとしてスパイ容疑で逮捕されたタイ人技術者の弁護士の言として、同技術者がタクシン元首相の飛行スケジュールを大使館関係者に渡していた事を認めたと報じた。

 しかし、実際に飛行スケジュールが大使館関係者に渡されたのはタクシン元首相のプライベート機が着陸してから10分後だった為、弁護士側はカンボジア当局側が主張しているスパイ行為や情報の窃盗には該当せず、職務上知り得た秘密の暴露に該当すると主張しているという。

 弁護士側によると、仮に当該技術者側に飛行スケジュールを盗み出す意志があったとすれば、職務知識を駆使してプライベート機の到着前にスケジュールを盗み出し大使館関係者に引き渡していた筈だという。

posted by Jean T. at 00:09| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする