2009年11月24日

第25代首相のサマック・スンタラウェート氏が逝去

 ガンで療養中だった第25代首相のサマック・スンタラウェート氏が24日朝入院先のバムルンラート病院で死去。享年74歳だった。

 サマック氏は副業禁止規定により首相を解職された後の2008年11月5日にガン治療の為にアメリカに渡航し、今年1月21日に帰国した後は自宅で療養生活を送っていた。

 また、療養中に親しいオンライン経済新聞関係者とのインタビューの中で、首相時代に取り巻きのいいなりになっていた事を悔いる発言をし話題になったこともあった。

posted by Jean T. at 11:58| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする