2009年11月25日

元首相、赤服集会日程の見直しを要請

 タクシン元首相は24日招集されたプゥア・タイ党の議員会議の際に行われたビデオリンク演説の中で、国王誕生日前の期間に集会を開催する事は不適切であるとして、28日から来月2日迄の日程でマラソン集会の開催を計画している反独裁民主主義同盟の3幹部に対して集会の日程の見直しを要請していた事を明らかにした。

 会議の際にウドンターニー県選出の議員やチェンラーイ県選出の議員等から国王誕生日前の時期に集会が開催される事に懸念の声が上がっていたという。

 また、タクシン元首相は、各議院に対して国会閉会後に地盤の声を吸収し今後の政策に反映させるよう指示すると共に年末年始期間中には多少の休養を取るよう要請した。

 その際、タクシン元首相が、自分は年末年始期間中に複数国で休養を取る予定だが、その際にタイに近い国に行くこともあり得ると語り、参加した議員から喝采を受ける場面も見られた。

posted by Jean T. at 10:58| バンコク | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする