2009年11月26日

チェンマイの赤服自警員宅から6千発のピンポン爆弾を初めとする武器類を押収

 マティチョン紙及びポストトゥデー紙(何れもオンライン)の報道によると、チェンマイ県の警察当局は26日、同県ヂョムトーン郡内の民家内で6,000発のピンポン爆弾や6挺の拳銃を初めとする銃器類を押収し、家主の45歳の男を逮捕した。

 男はチェンマイ県内で開催される赤服集会の自警要員で、逮捕された当時赤服を着用していた。また男が連行される際に「今日の真相」と書かれた赤服を着込んだ2人組の男が何者かと電話で連絡を取りながら連行の模様を監視しているのが確認されている。

 男は取り調べに対して、押収された爆発物や銃器類は祭日期間中に販売する目的で仕入れ売れ残ったものであると主張しているという。

 TANネットワークの報道によると、警察側は29日にチェンマイ県を訪問するアピシット首相を狙った不穏な計画の実行の為に爆発物等を所持していた可能性もあると見て捜査を行っているという。

posted by Jean T. at 15:47| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。