2009年11月27日

酔っぱらい運転の民間委託バスが衝突事故、乗客10人が負傷

 各報道によると、27日8:00頃バンコクのウィパワディー・ランシット通りを走行中だった民間委託運行の187番路線バス電柱や小型トラックに続けて衝突し、重傷1人を含む乗客10人前後が負傷した。中央分離帯に衝突したとする報道もある。

 事故発生当時バスは満員の乗客を乗せ高速度で走行中だった。

 警察側は、身柄を確保した運転手が酒に酔った状態にあったことから、酒に酔った状態でバスを高速度で運転中にハンドル操作を誤り衝突事故を引き起こしたとの見方を示した。

posted by Jean T. at 12:38| バンコク | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。