2009年12月01日

カンボジアに逮捕されたタイ人技師の母、元首相法律顧問に支援要請

 30日、スパイ容疑でカンボジア当局に逮捕されたタイ人技術者の母親が、タクシン元首相の元法律顧問で元外務大臣であるノパドン・パッタマ氏のもとを訪れ、ガシット外務大臣を初めとする政府側の対応の遅さに不満を述べた上で、息子との再面会実現に向けた支援を要請した。

 この訪問に先立ってガシット外務大臣は、法的制限がある中で逮捕されたタイ人技術者に対する公正な裁判が確保されるよう最善を尽くしていると語っていた。

 また、タクシン元首相は、タイ人技術者に対する司法手続きの行方を見極めた上で帰国実現の為の支援をする用意があることを明らかにしていた。

 母親側からの支援要請を受けノパドン氏側は、この話を政治的に利用する考えが無い事を強調した上で、既にカンボジアの関係当局に対して再面会実現に向けた協力を要請した事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:07| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする