2009年12月15日

政府、5つの低所得層救済策の3ヶ月間の延長を決定

 政府は15日の閣議で、今月末で期限を迎える、サマック政権時代に景気刺激策の一環として導入された運賃無料バスの運行や3等列車の運賃無料化を初めとする5つの低所得層救済策の施行期間を更に3ヶ月間延長し、来年3月30日迄施行する方針を決定した。

 但し、水道料金の無料化措置が適用される月あたりの使用量は、従来の30ユニットから20ユニットに引き下げられることになった。

posted by Jean T. at 16:00| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする