2009年12月28日

パンロップ大将、政府打倒運動を陣頭指揮 - 妨害に備え報復手段を用意

 元国内治安維持部隊作戦指令本部副本部長でプゥア・タイ党党員のパンロップ・ピンマニー大将は28日、来年1月末頃から2月初めにかけて予定されている民主主義回復の為の運動の陣頭指揮を執る予定であることを明らかにし、事実上1月末頃に予定されている赤服軍団の集会の陣頭指揮を執る事を明らかにした上で、当局側による妨害工作に備えて、流血の事態を招来する事がない報復手段を既に用意している事を明らかにした。

 タクシン元首相の了承の元で1月末から民主主義回復の為の運動を開始するとの指摘は否定した。

 また、パンロップ大将は、アヌポン陸軍司令官が流血の事態を招来させる事に反対の意を表明した事に対して歓迎の意を表明した上で、同司令官が、1月末頃から予定されている民主主義回復の為の運動に便乗した、クーデターという既に社会からの支持を失っている手段で実権掌握に乗り出す事は無いとの認識を示した。

posted by Jean T. at 15:14| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。