2010年01月08日

ヤッラーで首相一行を"歓迎"する爆破、警官3人が負傷

 7日8:00過ぎ、ヤッラー県県都内ターサープ地区内の路上で、首相一行を出迎えるために警戒中だった当局者を狙った爆発が発生し、警察官3人(報道により1人)が負傷した。

 現場は、首相出席のもとで行われる道路の開通式典会場から約150メートル(報道により約200メートル)離れた地点で、犯行に使用された爆発物は、前夜の内に道路脇にある乗り合いバス待ち用の東屋裏に仕掛けられていたものと見られている。

 更に、同日9;30過ぎには、県都内リドン地区内の学校前で、軍の教師警護班を狙った爆発が発生し、自警レンジャー部隊員の男性が死亡した。

 また、ほぼ同時刻にパッターニー県ノーンヂック郡内で、路上の安全確認作業中だった軍関係者を狙った爆発が発生し、軍関係者1人が負傷した。

posted by Jean T. at 01:14| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする