2010年02月26日

資産差し押さえ裁判の成り行きを見守る為に旧政権党関係者がタイ党に集結、元首相もビデオ参加

 プゥア・タイ党は25日、26日に予定されているタクシン元首相の資産差し押さえ判決の成り行きを見守る為に、チャワリット元首相やソムチャーイ元首相、旧タイ・ラック・タイ党及び旧パラン・プラチャーチョン党幹部等が党本部に集合する予定になっている事を明らかにした。

 また、タクシン元首相もビデオリンクを通して参加する予定で、この機会を利用して判決後に党本部に集まった支持者向けの演説が行われる見通しになっているという。

 ドバイ滞在中のタクシン元首相の側近が各マスコミ関係者にSMMSで配信した情報によると、26日9:00からwww.voicetv.co.thにタクシン元首相が出演し、元iTVの主要キャスターだったトゥワンポン・アサワウィライ女史の進行のもとで視聴者と共に判決の成り行きを見守る予定だという。

 一方、一部の主流派系会派との間で対立が伝えられている党下院議員団長のチャルゥム・ユーバムルン警察大尉は、党本部入りせず自宅内で判決の成り行きを見守っていく予定である事を明らかにした。

posted by Jean T. at 00:57| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。