2010年02月27日

チャワリット元首相、特定の人物の影響下で下された一部資産没収判決により情勢は更に激化

 プゥア・タイ党議長のチャワリット元首相は27日、26日に下されたタクシン元首相の資産の一部を没収する判決は、特定の人物の影響下で下された法の正義を失墜させ、国内情勢を今まで以上に激化させる判決であったと指摘した。

 しかし、プレーム枢密院評議会議長の思惑が今回の判決の背景にあった可能性に関しては、互いをつぶし合うことでしかないと語り確認を避けた。

 また、同党のヨンユット党首は、今回の判決は、クーデター勢力によって選出されたタクシン元首相に敵対する人物で構成された国家毀損行為調査特別委員会(資産調査特別委員会)による報復的な調査結果に基づいた、タイの司法制度に何らメリットをもたらさない国際社会に悪イメージのみをもたらす不当な判決であると指摘した。

posted by Jean T. at 15:47| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。