2010年03月29日

二回目の直接協議でも政府・同盟間の溝は埋まらず

 29日18:30頃から約2時間に渡って行われた政府と反独裁民主主義同盟との二回目の直接協議は、憲法改正検討委員会の提案に基づき、一端は与党・野党・上院が推進させる事で合意に至った6項目の憲法改正及び国民投票を経て年末(向こう9ヶ月)までに議会を解散するべきとする政府側と、15日以内の解散を要求する同盟との間で激論が交わされたが、最終的に両者間の溝は埋まらず、最終的に政府側が4月1日の三回目の協議の受け入れの是非に関する判断を同盟に投げた形で終了した。

 原則論だけで終始した感があった一回目に対して二回目の協議は、汚職問題や二重基準問題、内務省襲撃事件、クーデター計画疑惑等にまで突っ込んだ協議が行われ、また首相側から残り1年9ヶ月の政権任期にはこだわらないとの言質を、同盟のウィーラ氏側からは2-3ヶ月以内の解散を容認するとの言質を得る事ができたが、憲法改正後の解散を主張する政府と15日以内の解散を主張する同盟との間の溝を埋めるまでには至らなかった。

posted by Jean T. at 22:41| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。