2010年03月31日

プゥア・タイ党、31日の国会への出席を決定

 プゥア・タイ党のプロームパン報道官は30日、同日開かれた下院議員総会の席上で31日から4月1日の日程で開催される下院議会に出席する方針が確認された事を明らかにした上で、政府に対して立法府を脅かすような有刺鉄線を張り巡らすような封鎖行動に出ることがないよう釘を刺した。

 この決定に先立ち、同党国会対策委員会のウィタヤー委員長が、直接協議の際に政府側に誠意が見られなかったとして下院議会をボイコットする方針を明らかにしていた。

 また、プロームパン報道官は、政府と反独裁民主主義同盟との直接協議の際に政府側から9ヶ月以内の解散に応じるとの譲歩が得られた事は一つの成果であると評価した上で、国民に国の将来を考える機会を与える上で適切と考えられる2ヶ月以内の解散が好ましいとの考えを示した。

posted by Jean T. at 00:24| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。