2010年04月11日

同盟、集会活動継続を確認 - 12日のバンコク全域を対象にした棺桶行進を示唆

 反独裁民主主義同盟幹部のナタウット・サイグゥア氏は11日、前日に発生した軍との衝突により死亡したデモ隊に対して哀悼の意を表明した上で、同日夜に追悼式を執り行う予定であることを明らかにした。

 幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏によると、少なくとも14人のデモ隊が衝突の際に死亡しているという。

 また、ナタウット氏は、12日に死亡者の棺桶を担いでバンコク全域でデモ行進を行う可能性があることを示唆した。

 集会活動に関しては、引き続き2箇所の集会会場で座り込み集会活動を展開する方針を確認した。

 一方、ヂャトゥポン・プロームパン氏は、タクシン元首相が衝突により死亡者が出たことにショックを受けていると語ると共に死亡者に対して哀悼の意を表明した上で、同盟の集会活動継続の是非の判断に関しては、全て同盟側の裁量に委ねる意向を示していた事を明らかにした。

posted by Jean T. at 15:40| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。