2010年04月15日

同盟が都心部の商業ビルを"人質"に、当局に協力したら自らに問題がふりかかるぞとすごむ

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は13日、ラーチャプラソン交差点周辺にある商業ビルのオーナーに対して、当局によるデモ隊に対する暴力行為に協力するような事があれば自らに問題が降りかかる事になると警告した。

 また、ヂャトゥポン氏は、パンファー橋の集会場を引き上げ全てのデモ隊をラーチャプラソン交差点に集結させた事に関しては、勝利に向けた活動を安全な環境下で行う上で最も適切な判断だったと評価した。

posted by Jean T. at 00:39| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。