2010年04月27日

守備から攻勢へ? 赤服がチットロムに突入 - 10時の行動計画方針発表に注目

 27日8:20迄に確認出来た各報道によると、同日5:00頃、反独裁民主主義同盟の自警組織員を中心にしたデモ隊がBTS線チットロム駅のシャッターが開くのと同時に駅構内に突入し、レール上にタイヤをおくなどし、通常運行予定だったBTS線を全線運休に追い込んだ。

 デモ隊は駅構内にある全ての監視カメラに目隠しをしており、遠隔操作で構内にいるデモ隊の動きを確認する事ができないという。

 一部報道によると、同盟側は、駅への突入は組織としての方針では無く、一部のデモ隊側の独自裁量で行われたと説明しているという。

 また、同盟は、路上にゴミ収集車をおくなどしてラーチャプラソン集会会場を中心にした6箇所の警戒を強化している。

 一部報道は、同盟側が政府に対して何らかの攻勢をかける前兆であると指摘した上で、同日10:00の同盟側の大規模行動計画発表に注目するべきであると報じている。

posted by Jean T. at 10:26| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。