2010年04月29日

平和維持本部、ウィパワディーの検問所前でバイクを乗り捨て逃走した男が捨てた袋から62発のM79

 平和維持本部(非常事態宣言指揮本部)は28日21:00過ぎに放送された緊急特別放送の中で、同日発生した反独裁民主主義同盟のデモ隊と軍との衝突が終了した直後に、ドーンムゥアンの空軍基地前付近のウィパワディー・ランシット通り上り車線上に設置されていた検問所前で、検問所を見て逃走した男が乗り捨てたバイクや男が逃走中に捨てた黒い袋から62発のM79と1個のM203発射装置を押収した事を明らかにした。

 法務省特別捜査局のターリット局長によると、テロとして捜査を行う方針だという。

 一方、ウォラポン国家警察本部長補は、デモ隊対策にあたる当局側が平穏な手段から過激な手段へ段階的に対策を講じる方針を確認していたが、デモ隊側が兵器を使用して攻撃してきた為、相応な対応を当局側が取らざるを得なかったとした上で、赤服を脱いだデモ隊と対峙するという困難な状況の中で銃弾やパチンコで物を撃ち込んできたデモ隊に対応せざるを得なかった為に軍人1人が死亡し、軍人2人、デモ隊17人が負傷する事態になったと説明した。

 また、サンスゥン報道官は、武装したデモ隊が如何に武装した危険な存在であるか強調した上で、ドライバーに対してデモ隊に近づかないよう心がけると共に、デモ隊と当局が対峙している現場に居合わせた場合は、ドアロックをかけ車内に留まっているよう呼びかけた。

 この発表に先立ち各報道が、衝突が終了した16:00過ぎに、ウィパワディー・ランシット通り上に設置されていた検問所にいる警察官を見て逃走した男が乗り捨てたバイクから63発のM79とパトゥムターニー県内の警察署に所属する巡査部長補の男性の証明書が発見されたが、男が証明書に記載されていた巡査部長補と同一人物なのかについては確認出来ていないと報じていた。

posted by Jean T. at 00:20| バンコク ☔| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。